園長の部屋

今年も 《セレクト給食》 楽しみです!

[2020/10/15更新]

令和2年10月15日(木)

毎年 11月には、【うさぎ・にじ・ほし・たいよう組】さんは《セレクト給食》で、自分で『赤』か『白』の"スパゲティー"を選ぶことができます。
こどもたちは とても楽しみにしていて、今日は 【にじ組】さんが、担任から 注文した方が来ることの説明を受けていました。
給食で、レストランのように選んで注文できるのも楽しみですね。 ぜひ おうちでもお話ししてみてください。

143-s-1.jpg143-s-2.jpg143-s-3.jpg

《10月 避難訓練》 今回は 放水訓練もしました

[2020/10/15更新]

令和2年10月15日(木)

昨日(=14日・水曜)、毎月 行なっている《避難訓練》を実施しました。 今月は、【消防署】立ち合いのもと、『消防車』にも来てもらって、〈放水訓練〉を計画していましたが、コロナ禍の中、【消防署】からの派遣ができないとのことで、『放水用消火器』を借りて〈消火器放水〉と、駐車場側の『屋内消火栓』からの〈放水訓練〉を行いました。
こどもたちは、"火事"の《避難訓練》で 『園庭』に避難した後、【職員】の〈消火器・屋内消火栓 放水訓練〉を見ました。 「金平先生、がんばって〜」「石原先生、がんばって〜」と 応援してもらう中、【職員】も 非常時に備え、真剣に訓練に取り組みました。
日頃、消火栓の中の"ホース"を見ることのない こどもたちも、スルスルと長く伸びる"ホース"に「おぉ〜〜っ」と驚嘆の声、勢いある"放水"に「すご〜い!」と驚いていました。

142-s-1.jpg142-s-2.jpg142-s-3.jpg

今日の 『農園』の様子

[2020/10/09更新]

令和2年10月9日(金)

【ほし組】さんが、9月7日(月)に 《種まき》をした『大根畑』は、立派な"青菜"を ふさふさとさせています。 収穫も【ほし組】さんが毎年 行います。 絵本の『大きなかぶ』のように、こどもたちが シュポッ! と抜くと、大当たりの 大きな〈大根〉もあれば、小ぶりの〈大根〉もあって、それでも 自分が抜いた〈大根〉を愛しげに、自宅に持って帰るのが楽しみなようです。 私は初めてですので、今から その時を楽しみにしています。

後ろを振りかえると、広い『苺畑』には、今年の〈苺〉の"株"・・。 今日 【ほし組】さんは、その"株"の間に、"新しい苗"を植えてくれました。 "苗"をポットから そっと取り出す様子を見ていて、こどもたちの緊張が よく伝わってきました。 初夏の《苺摘み》のために、今から育てることを 身をもって体験できるって、すばらしいですね!

141-s-1.jpg141-s-2.jpg141-s-3.jpg

【うさぎ組】さんの《お弁当遠足》 取材しました

[2020/10/08更新]

令和2年10月8日(木)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため 今年は、『園バス』での《園外保育》も なかなか実施できずにいましたが、"秋の遠足は一緒に行きたいね…" との思いから、《お弁当遠足》を実施しました。 残念ながら、雨予報があったため、今回は 『園バス』で短時間の〈ドライブ〉と、帰ってきてからの〈お弁当タイム〉を楽しむ企画となりました。
『園バス』は、いつもの登降園で利用している おともだちも、初めて乗る おともだちも、みんながワクワクしていて、「どこに行くの?」と聞くと、「ドライブに行くの〜!」と、大きな声で教えてくれた【うさぎ組】さん。
バスの中でも ちょっと緊張して、しっかり 持ち手をつかんで準備万端の おともだちや、バスに興味津々で、いろいろ見ている おともだちなど、それぞれの楽しみ方がよく伝わってきました。
〈ハニベ大仏 〜 トンネル 〜 景色〉を見てまわってきた みんなは、帰ってくると、「ただいま〜!」と同時に、「お弁当〜!」の声。 この時間を楽しみにしていたんですね。
"お弁当"の説明をしてくれる おともだち(=写真A)、"水筒"を見せて説明してくれる おともだち(=写真B)、みんなが喜んで楽しい食事時間を過ごすことができました。 お弁当のご協力、ありがとうございました。

140-s-1.jpg140-s-2.jpg140-s-3.jpg

《交通安全教室》で教えていただきました

[2020/10/02更新]

令和2年10月2日(金)

今日の 13:30より、【ほし・たいよう組】さんは、《交通安全教室》に参加しました。 二人の警察官の方の軽妙な語り口の中には、命を守るための とても大事な約束が込められていました。
『三つの約束』が キーワードでした。 今日 教わった言葉 =「命を守るシートベルト、しゅー、カチャン!」を、ご家庭で お子さんとご一緒にしてみていただけると良いですね。
注意喚起の『ペープサート』(=紙の人形劇)も、クイズ形式で 子どもたちは元気に答えていました。 『交通安全体操』もあり、盛り沢山の《交通安全教室》でした。

138-s-1.jpg138-s-2.jpg138-s-3.jpg

令和3年度の 入園申し込み受付はじまります

[2020/09/30更新]

令和2年9月30日(水)

10月1日より、令和3年度 入園希望受付開始いたします。
先着順ではありませんので、ご安心ください。 まずは お問合せいただきますよう、よろしくお願いいたします。
〈入園案内パンフレット〉も準備いたしました。 [※ 当ホームページから、【PDFファイル】を開いて ご覧いただけます] 施設の紹介写真は そちらに掲載していますので、どうぞ ご参考ください。 その上で、ぜひ ご見学ください。 コロナ禍の中ですので、見学に際しては 予約を受け付けますので、ご連絡お願いいたします。

9月9日付で紹介しました〈どんぐり〉も、"どんぐりさん"らしく 茶色に色づいてきました。 『農園』前の〈コスモス〉は、秋の訪れに 色を添えてくれています。 その『農園』で、今日は 《おいもほり》をしました。
例年は、祖父母の【グランドサロン】の皆さまの お力もお借りして、楽しく《おいもほり》を行いますが、今年は、それができないことだけが とても心残りです。 それでも 【舟見ヶ丘保幼園】の伝統の灯を絶やすことなく、こどもたちは この日を楽しみに育ててきました。 どのお子さんも 収穫を誇らしげにしていましたので、ぜひ 話を聞いてみてあげてください。

137-s-1.jpg137-s-2.jpg137-s-3.jpg

作り上げる過程にも、喜びと成長がありますね

[2020/09/15更新]

令和2年9月15日(火)

日々 形を変えていく《カプラ》の製作・・ (KAPLA= フランス生れの木製ブロック)

ある日、一緒に作っていた時に、片側が壊れてしまった状況に、ちょうど 遭遇。 子どもたちが、どうやって この難局を乗り越えていくかを見守っていました。
『壊された思いの子』は、怒って「なんで!」と言いますが、『たまたま 壊れてしまった側にいた子』は、ぐっと涙をこらえて 黙々と修正していきます。
その姿にも 得心できないまま、「なんで…」と怒っているのですが、『おともだち』が 作り続けている様子から 感じた思いがあったのでしょう…、一緒に作り、「また 新しい形にしよう!」と、『他の子たち』とも協力して 作り直しはじめました。

この高さを どうやって作り出したか、想像してみてください。 決して まっすぐではありません。 いつの間にか、絶妙なバランス感覚を 身につけていますね。

《ビー玉転がし》も、日々 形を変えながら進化しています。

136-s-1.jpg136-s-2.jpg136-s-3.jpg

少しずつ近づく【秋】

[2020/09/09更新]

令和2年9月9日(水)

今日は、五節句のうちの 菊の節句=「重陽の節句」です。 "菊花"を愛でるどころではない… この残暑厳しい中にも、少しずつ 【秋】は訪れています
まだ 暑さが厳しいので、大きい『園庭』で遊ぶことはできない中、実りの秋に 一歩ずつ近づいている 《どんぐりさん》・・
暑い日差しを和らげてくれる"椎の葉"の中には、同じ緑色に紛れて、たくさんの《どんぐりさん》が実をつけてきています。
早く『園庭』に、元気な こどもたちの声が響きますように。

毎日 『園庭』に出て、コンディション(気温)の確認をしている日が続いています。
現在、《運動会》に向けて、『遊戯室』で室内の練習は たくさんできていますので、無理をせず、外に出て練習できる日に 行なっていきたいと思っています。

今日は、"栗ごはん"や"秋なす"など、お節句に ちなんだお食事や、季節の会話が食卓に添えられるのも良いかもしれませんね。

135-s-1.jpg

梅雨にも負けず・・・元気いっぱいです

[2020/07/08更新]

令和2年7月8日(水)

梅雨明け待ち遠しい中、【保幼園】では 外に出られなくても、〈広い遊戯室・プレイルーム・遊びのコーナー・図書室・図書コーナー、支援室〉など、お部屋以外でも 広々と過ごすことができます。
〈広い廊下〉も、こどもたちの大事な"遊びのスペース"です。
今日は 《北側 廊下》いっぱいに、【ひよこ組】さんが遊んでいました。 ご紹介したいのは、『職員の笑顔』です。
普段は、感染防止対策から "マスク着用の職員"ですが、7月入園したばかりの【ひよこ組】さんには、マスクの顔は とても怖く映ってしまいますね。 ときどき外して、このように、こどもたちとの愛着関係を はぐくむ時間を大事にしています。 『はじめての社会生活』が始まった【ひよこ組】さんです。 "職員の満面の笑み"を、じっと見つめていますね。 一日一日、安心して過ごせるようになってきます。

134-s-1.jpg

ボールは どのように転がったでしょうか

[2020/06/18更新]

令和2年6月12日(金)

朝、【たいよう組】さんを覗くと、何人かのおともだちが、とってもワクワクしながら ボールを転がしているところに遭遇。 思わず パシャリ!
みんなで相談して作った坂道、降りた先には曲がったところに誘導するように作っていますね。 さあ、ボールは どのように転がったのでしょう。 ちゃんと トンネルも通ったのでしょうか。
こどもたちは、転がるたびに、「ちょっと ここを直そうか…」とか 相談しながら調整していました!
『遊び』ってすばらしいですね!
相談すること、話をまとめる力もついていきます。 協同する喜びも体験し、うまくいかないときのジレンマも乗り越えて、みんなで達成感を共有し、今日もまた一歩、昨日の自分を越えていくんですね。
ボールが どのように転がったのか、ぜひ聞いてみてあげてください。
こどもたちは、環境を通して成長していきます。 私たち保育者も 大事な環境です。 『日々 こどもたちの成長に負けないよう、努力していくことが必要・・』と、伸びゆく姿を見て 痛感いたします。

133-s-1.jpg

- Topics Board -