園長の部屋

「睡眠中の事故」を防ぐ

[2017/05/26更新]


【保育所】での《事故》のうち、〈睡眠中の事故〉は 大変痛ましい結果になることがあります。 報道では、全国で 残念な事故の報告が、昨年度は 【認可保育所】でも複数件以上あったとのことです。 『本園』でも再度、「午睡中の注意事項」の確認と、チェック機能の向上を 検討しました。
 (=写真: 2017/05/26 撮影)

30-s-1.jpg

《職員研修》 を大事にしています

[2017/05/25更新]


本園では、【職員】の《研修》を 大事にしています。 〈園外〉で行われている《研修》も もちろんですが、〈園内〉でも《研修》を企画し、「資質・技術の向上」に努めています。 〈園内〉では、「タイムリーな内容、繰り返し研修しなければならないこと」などをしています。
先日は、【職員】の“職務意欲向上につながる”と企画した 「人を ほめる…」という 《実践研修》をしました。 保育者は 特に、子どもの良さを見つけ、認めて、そこを伸ばすことが大事です。 そのためには、「人を ほめる」 技術のトレーニング、ノウハウを訓練することが大切です。 時間を決めて、グル―プで一人一人を ほめ合い、その時に感じたこと、気づいたことを、出し合いました。 いざ、人を ほめようとすると、ためらいがあったりします。 ほめられて うれしいけど、気恥ずかしさもあります。 そういうことを感じているのか、ということもあります。
「研修のあり方」を 《研修》するねらいも含め、“子どもたち・保護者に対する接し方” をはじめ、“人としての質を高めていく 《研修》”を、これからもしていきます。
 (=写真: 2017/05/24 撮影)

29-s-1.jpg29-s-2.jpg

卒園してから・・

[2017/05/23更新]


昨年度の〈卒園児〉の進学先の【小学校】から、《参観授業、懇談会》や 《運動会》の ご案内をいただきます。 先週も 卒園時の担任が、【小学校】へ出かけました。
土曜日が《運動会》だった【小学校】へは、担任の他に 園長も行ってきました。 園にも ときどき顔を出してくれる卒園児の子どもたち・・。 日に日に、小学生らしく、たくましくなっていくことを実感します。
《参観授業、懇談会》には、担任だった保育者が出席します。 帰園すると、園長のところに報告に来てくれます。 【小学校】の担任の先生から、「【保幼園】の時の様子」を尋ねられることもあります。 保育者から 「【小学校】での様子、【小学校】からのお話の内容」 を聞きます。 お話を聞きながら最後に 保育者と確認するのは、「【保幼園】で出来るのは、“保幼園時代”にしっかり保育すること」、「“今” 出来るのは、応援する気持ちと、ご相談を受けたら 精一杯お話をお聞きすること」ということです。
参観した《運動会》での 〈卒園児〉の元気ぶりを見て、しっかり 自分の歩みをしていることに安心するとともに、大きな拍手をおくりました。 本人と話ができ、ご家族の皆さんとも ご挨拶ができました。 このように、卒園しても 【保幼園】は見守っています。

【給食職員】も 「子どもたちとの関わり」を大切にしています

[2017/05/16更新]


《よもぎ団子づくり》(=5月16日・火曜)では、【給食室の職員】が “4人全員”が関わりました。
子どもたちの食に対する 本園の取り組みでは、「安全で おいしく、食にできるだけ関わりながら 食べる」ということを大事にしています。 《よもぎ団子づくり》では、《よもぎ摘み》で 自然との関わりをもち、〈よもぎ〉を 体で感じる活動から始まりました。 摘んだ〈よもぎ〉を『遊戯室』で、子どもたちも手伝って、より分ける時から、【給食室の職員】は 子どもたちとの関わりを始めます。 《よもぎ団子づくり》の 〈よもぎ〉の下地作りは、【給食室の職員】に ゆだねなければならないからです。
そして、《よもぎ団子づくり》の当日、『給食室』では 〈生地づくり〉の準備を いろいろとしていました。 いよいよ作る場面では、【職員】が子どもたちに、「よもぎの下地作りの流れ」や、「団子に使う材料」の話をします。 次に 「作り方の説明」をして、「お手伝いをしていただく おばあちゃんたちへのお願い」もします。 団子にしたら、仕上げに『給食室』で湯がきます。 湯がいた後 素早く、『お部屋』に戻して〈きな粉〉に まぶして出来上がりとなりました。
【給食室の職員】の動きを見ていると、最後の最後まで、しっかり安全に、おいしく食べてもらおうと、気を配っていることがよく伝わります。 「子どもたちとの関わり」は、保育者ばかりでなく、【給食室の職員】も関わっていることを実感しました。 子どもたちが、おいしそうに〈よもぎ団子〉を ほうばっている様子を見ると、すべてが報われる感じです。 子どもたちに、【職員】が たくさん関わってくれることに、うれしさを感じるとともに、これからも 【全職員】が、子どもたちの為に 力を注いでいきたいと思います。

27-s-1.jpg27-s-2.jpg

『椅子』を入れて・・

[2017/05/11更新]


《絵画教室》(=5月9日・火曜)の様子を参観していたときのことです。 みんなの絵が仕上がったので 鑑賞する場面になりました。 指導していただいている【平林先生】のところに集合しようと、子どもたちが集まり始めました。 『椅子』に座っていた子どもたちが立ち上がると、『椅子』をしっかり 『机』の中に入れていくのです。 いかにも自然に入れていくのです。 これには感心しました。
保育者に尋ねると、【りす組】から その指導は、意識して おこなっているということでした。 《絵画教室》は、【たいよう組】ですから、かなりの実践を積み重ねてきているので、当たり前の自然な行動になっていたのでしょう。 「小学校に繋がる 教育・保育のあり方」が求められていることもあるのですが、着実に 集団としての育ちが定着していると感じました。 子どもたちの成長のために、保育者がしっかり見通しをたて、育ちを観ながら 繋がっていく教育・保育を、実践していくことの大切さを感じました。

26-s-1.jpg

“子どもたちの成長”に手ごたえ

[2017/05/02更新]


『トイレ』の付近を通ったら、一人の【男の子】が、〈トイレスリッパ〉を持ちながら、何かを ささやいていました。 どうしたのかと尋ねてみると、「〈スリッパ〉の右左が、揃っていないので、どこかが間違っているのだろう…」と探していることが分かりました。 『トイレの入り口』が2か所あるので、一方は揃っていたので、反対側に行って探していました。 よく見ると、〈スリッパ〉の右左を見分けるのは、ちょっと分かりづらい感じです。 よく気付いたものだとも感心しました。 そして、一方で見つけられなかったので、もう一方を探そうとしたことにも感心しました。 いずれにしても、〈スリッパ〉を揃えようとする 思いに感心しました。
本園の『トイレの入り口』には、〈スリッパ〉を揃えられるような “表示”がしてあります。 子どもたちは、きちんとしなければいけないことを、日常にしています。 自分もするけど、みんなもしている。 だから、“スリッパ”が揃っていないことに気付くのだろうし、みんなが気をつけているのだろうと思います。 このような工夫をしたり、子どもたちに気づかせていくように仕向けようとしたりする、先生方の教育・保育の願いにも感謝したいと思います。 “子どもたちの成長の一端”を見ることができ、うれしさと、“幼児期の教育・保育の重要さ”を感じました。

『遊戯室』で活動している【うさぎ組】の子どもたちが、《お片付け》を始めていました。 ジャンプしたりする遊ぶ 〈マット〉を片付けるのに、複数の子どもたちが保育士の周りに集まって、手を出し合っていました。 「お手伝い」をすることを競うかのように、手を出していました。
以前、【りす組】の子どもたちも、『廊下』で活動した後の片付けを、みんなでやろうとしていました。 【りす組、うさぎ組】になると 少しずつ、集団で力を合わせようとする場面が 見られるようになっているのです。 「個から集団」へ、「個と集団との関わり」などの 成長ぶりを感じる場面です。 ご家庭でも、お子さんの他との関わりが広く、深くなっていくことを実感することが あるのではないでしょうか。 ここにも、“幼児期の成長ぶり”と、“教育・保育の重要さ”を感じました。

25-s-1.jpg25-s-2.jpg

「平成29年度」の“出会い”が スタートしました

[2017/04/01更新]

平成29年 4月1日(土)
【保幼園】の周りの草花、畑、樹木が、新しい息吹とともに、春の彩りを豊かにしています。 青空と陽ざしが暖かく、春を感じる喜びが、体中に伝わってきます。 平成29年度の【保幼園】の生活がスタートです。 子どもたちにとっては、進級 そして入園という、新しい生活のスタートです。
保護者の皆様におかれましても、お子様の新しい生活に対する期待で いっぱいなのではないでしょうか。 職員一同も、子どもたちと 新しい生活を作る喜びと、保護者の皆様のご期待に応える思いを膨らませています。 【保幼園】では、子どももたちが安心して、元気いっぱい、楽しく 園生活を送れるように、準備と活動を しっかり展開していきます。 そして、子どもたちが「素直で思いやりのある子」「健康でたくましい子」「感性豊かな子」になるように、育つように願い、努めて参ります。 そのためにも、保護者の皆様と 職員との連絡相談、相互理解を図っていきましょう。 職員も、お子様と 保護者の皆様のとの“出会い”から、保育士としての資質を高め、技術を向上していきます。 職員一同、誠心誠意、お子様の成長のために尽くしてまいります。 すべては お子様のために。
「平成29年度」も よろしくお願いいたします。

24-s-1.jpg

【ホームページ】の投稿記事が、《600本》を超えました

[2017/03/22更新]

平成29年 3月22日(水) 
今年度、【ホームページ】の投稿を重ねてきて、今月ついに〈通算投稿記事〉が《600本》を超えました。 1年 365日ですから、投稿総数は がんばったといえるのではないでしょうか。
保護者の皆様に、【保幼園】での 子どもたちの生活を、タイムリーに紹介することで、子どもたちの【保幼園】での姿を知っていただきたい。 【保幼園】が取り組んでいる事や 願い、更には お伝えしたいことを、すばやく 適時に発信したい。 そういう願いを込めて投稿してきました。 《ホームページ》への 〈1日のアクセス数〉も、最高で 《111件》に達する日も出ました。
また、投稿された全てのデーターを、蓄積保存している【ホームページ メモリーBOX】 (⇒ http://funami2016.exblog.jp/25719369/)には、今日までに 《624本》の〈記事データー〉が アップしてあるのですが、それを 全て見ていただいたという方も いらっしゃるとのことです。
子どもたちの楽しそうな活動の様子を、保護者の皆様にお伝えしてあげたいという願いが、少しずつ浸透しているものと喜んでおります。 これからも 楽しい話題、お伝えしたい内容を、タイムリーにアップしていきます。 どうぞこれからも ご愛読をお願いいたします。

23-s-1.jpg23-s-2.jpg

《お店屋さんごっこ》から、子どもたちの「すばらしさ・頼もしさ」を感じました

[2017/01/31更新]


1月17日(火)・18日(水) に行われた、【たいよう組】が企画運営した 《お店屋さんごっこ》から、子どもたちの「すばらしさ・頼もしさ」を感じました。
この企画を実施する際に、子どもたちは いろんなことを考え準備しました。 どういうお店をつくったら喜ばれるのか…。 どんなものを作るといいのか…。 どれくらい準備すればいいのか…。 材料はどうやって集めるのか…。 PRはどうしたらいいのか…。 当日の運営はどうするのか…。 係分担はどうするのか…。 大人が考える発想を、自分たちバージョンで しっかり考え実行していったのです。
当日は、お客さんの反応を しっかりみて、企画の上での改善を しっかり考えて対応をしていました。 作り置きをしておいた方が、販売がスムーズである…。 お客さんの注文に合わせて作るために、基本的に作っておくことを決めておく…。 PRは お客さんが来てからではなく、来させるように出向いて行う…。 より安全な方法を取り入れる…。 等です。 とにかく感心しました。
1日目が終わり、活動の振り返りをしたそうです。 その結果、お店の配置を変えて、お客さんが うまく流れて、どの店も繁盛する方法を考えました。 すごいです。
更におまけの感心は、《お店屋さんごっこ》が終わった後の片づけと 掃除を、みんなが黙々とやっていたことです。 しかも、気付いたことがあると すぐに行動して、まさに自主的に活動していたのです。 これもすごかったです。
本番の2日間が終わった翌日(=19日・木曜)には、【たいよう組】だけの《お店屋さんごっこ》をして、まだ対応できる商品で、買い物を楽しんでいました。 すっかり “板についた お店屋さん”、“買い物慣れした お客さん”に、なりきって楽しんでいる姿に、「本園の 子どもたちらしさ、すばらしさ、頼もしさ」を感じないではいられませんでした。 ここまで がんばった子どもたちと、指導された先生方に 「あっぱれ!」

22-s-1.jpg22-s-2.jpg22-s-3.jpg

【国府中学校3年生】の 『保育実習 感想文』から

[2017/01/06更新]


昨年(2016年)の 秋(11月)に、【国府中学校3年生】が『本園』で、“家庭科の学習”としての《保育実習》を行いました。 12月に、その時の『感想文』が届きました。 『感想文』の中から、生徒たちの感じたことを紹介したいと思います。


● この学習を通して、自分も 子どもを育ててみたいなと感じました。 幼児とふれ合っていると、自分も 自然に笑顔になることができました。 この体験で僕は、幼児が大好きになったし、幼児に対する印象も とても変わりました。 (男子生徒)

● 幼児を見た時、自分にも こんなに小さい時があったんだなと、ほっこりしました。 幼児の心をつかむには、幼児一人一人の好みや、性格をよく知っていることが大切なんだなと、わかりました。 (女子生徒)

● 僕自身、こんなに小さな子どもたちと遊んだという経験はなく、少し難しさを感じていましたが、しゃがんで目線を合わせるというだけで、うまく会話ができました。 (男子生徒)

● 今回の実習で、幼児の目線に立って 見たり考えることが、とても大切だと感じました。 (女子生徒)

● 行く前は少し不安でしたが、保育園の前に立つと 少し楽になりました。 中に入ると なつかしい においがし、保育園にいた時のことが思い出されて、少し笑ってしまいした。 (男子生徒)

● 保育園の先生は、園児たちがケンカやダメなことをしていると、しっかり注意していて すごいなと思いました。 また、大きな声で話すことや、笑顔で接する工夫をしていて、とても大変だなと思いました。 私のお母さんも「保育士」なので、大変さがわかりました。 (女子生徒)

● 園児に限らず、小さい子と遊んだり、ふれあうことは、とても楽しいことだなと思いました。 (男子生徒)

● たくさんの園児の笑顔が見れてよかったです。 『ふれあい実習』を通して、保育士になりたいな と思いました。 (女子生徒)


園として、地域の中学校の学習体験に活用していただけることは、大変光栄であり、【中学校の生徒】には、小さい子どもたちと接することで、気づくことや 学ぶことがあれば、うれしいと思っています。
上記の『感想文』は、それぞれ“A4用紙”に いっぱいの『感想文』の中からの抜粋です。 わずかな抜粋だけでも、【生徒たち】の感じてくれたこと、気づいたことが、大人の私達にも通じることが たくさんありました。 読んでいて【生徒たち】の純粋で 誠実な学習ぶりをうれしく感じました。 小さい子と接する場面を通して、【生徒たち】の中に息づいている「やさしさ」が、しっかり伝わりました。 また、大人を見る目を変えた生徒や、将来の自分の姿を描く生徒もいました。
園での【生徒たち】の滞在時間は 1時間余りでしたが、【生徒たち】と接していた 子どもたちの楽しそうな表情と、【生徒たち】の『感想文』から、とてもすばらしい機会だった と実感しています。 これからも園の子どもたちには、たくさんの“出会いの機会”をつくっていきたいと思います。 【中学校の生徒】の皆さんには、これからの活躍を応援してあげたいです。

21-s-1.jpg21-s-2.jpg

- Topics Board -