園長の部屋

七夕飾り

[2021/07/07更新]

令和3年 7月7日(水)

皆さんの思いを込めた短冊、笹飾り。 『玄関』に入ると、子どもたちが目を輝かせて見上げていました。 今日で《七夕飾り》は“笹送り”いたしました。

【おうちえん】には、《七夕笹飾り》の動画を配信しています。

154-s-1.jpg154-s-2.jpg

生きているような『竹細工の昆虫』をいただきました

[2021/06/10更新]

令和3年6月10日(木)

【卒園児の祖父母】様より、こどもたちに『竹細工の昆虫』を頂戴しました。 まるで生きているかのような 手づくり細工の昆虫を見て、こどもたちは大喜びです。「あ! ヘラクレスオオカブトや!」など、歓声が上がっていました。
地域ぐるみの 子育て支援の心に、感謝申し上げます。

153-s-1.jpg153-s-2.jpg153-s-3.jpg

研修に参加しました

[2021/06/05更新]

令和3年6月5日(土)

令和3年度が始まり、早や2か月が過ぎました。 今年度も 皆さまとともにある保幼園として、精進してまいります。
今日は、【石川県保育研究大会・保育研修】に たくさんの職員が参加しました。(新型コロナウイルス感染症対策で【Zoom研修】となり、『園内5箇所』から参加しました)
毎日が学びの場です。大切なお子さまをお預かりする施設として、職員の資質向上に これからも努めてまいります。皆さまの日頃からのご理解とご協力に厚く感謝申し上げます。

151-s-2.jpg

旅立ちの日に

[2021/03/31更新]

令和3年3月31日(水)

 3月27日(土曜)に、"41名"全員が揃っての《卒園式》を挙行できました。 お別れの言葉、ご家族の方には内緒で練習していたという、こどもたちもいたとのこと。 卒園式を こどもたちなりに考え、式に臨んだ気持ちは、最後にお部屋で先生方とのお別れの時に、大粒の涙とともにあふれ出ていました。 この一年間、共に過ごした おともだち、先生方との遊び、生活、体験を通しての学びは、今後の人生を支える根っことなるものです。
長い人生、元気な時ばかりではありません。 ちょっとパワーダウンするときは誰にでもあります。 そんなときに、どうぞ『保幼園』のことを思い出してください。 いつでも顔を見せにきてくださいね。
 暑い日も、寒い日も、雨の日も風の強い日も、今年の大雪でも、送迎してくれた保護者のみなさま、ご協力ありがとうございました。 今年度、皆さまのご理解ご協力無しには何も成しえませんでした。 心よりお礼申し上げます。 私の経験では、最後のこどもの卒園後は、何ともいえない寂しさを覚えました。 保幼園は 保護者のみなさまにとっても、生活の一部のようなものと思います。 どうぞこれから期待に胸膨らませて、小学校へと向かうおこさまを応援してあげてください。 いつまでも、"舟見っ子さん"を応援しています。
ランドセル姿、ぜひ見せにきてくださいね。

150-s-1.jpg

県庁に掲示されました

[2021/03/18更新]

令和3年3月18日(木)

今年度、石川健民運動『子どもの夢実現サポート事業』に応募したところ、県南部からは当園が選ばれ、『令和2年度 〜夢の実現〜』となりました。
伝統の《舟見太鼓》を、15周年の記念の年に、"新しい衣装"を着て 子どもたちは演奏することができました。 多くの方々の支えあってのこと、いつの日か実感することがあると思います。
『県庁』の19階に、現在 掲示されています。 撮影は、お勤めの保護者の方のご協力をいただきました。 お立ち寄りの予定のある方は ぜひご覧ください。
尚、「石川県健民運動推進本部」のHP(=下記リンク)でも紹介されています。

http://www.pref.ishikawa.jp/seikatu/kouryu/02-3kodomonoyumekiroku2020-1.html


149-s-1.jpg149-s-2.jpg149-s-3.jpg

伝統の継承ですね

[2021/02/18更新]

令和3年2月18日(木)

昼食後、『支援室』から“太鼓の音色”が聞こえてきました。この音色は・・・【たいよう組】さんじゃないね?
覗いてみましたら、【ほし組】さんが練習していました。
【たいよう組】さんとの《お別れ会》に向けて、がんばっていたようで、私が後ろから見ていたことに、誰一人 気づいていなかったようです。
【たいよう組】さんの力強い《太鼓演奏》は、みんなにとって あこがれです。 育ちゆく中で、身近に憧れをもって 目標にできるものがあるのは、恵まれた環境だと思います。 「お風呂で練習してきたんだよ!」と、頬を紅潮させて説明してくれた おともだち。 もうすぐ 新しい【たいよう組】さんですね。

148-s-1.jpg148-s-2.jpg

“カブッキー”が来てくれました

[2021/02/09更新]

令和3年2月9日(火)

今日は、“カブッキー”が 保幼園に来てくれました。
『遊戯室』では【にじ組】さんから【たいよう組】さんまでが、カブッキーと一緒に「こまつのクイズ」と、「エビカニクス」を踊って 楽しいひとときを過ごしました。
『誰か、カブッキーと一緒に舞台で踊ってくれる人〜!』と声かけしたところ、『は〜い!』と元気よく、みんなの前で踊ってくれた おともだちもいました。
最後に、〈カブッキーのぬり絵〉を、【たいよう組】さんが代表して カブッキーから直接受け取りました。 今年は、ふれあいや 写真撮影などが無くて、ちょっと寂しい面もありましたが、子どもたちは大喜びしてくれましたので、訪問していただいてよかった!一日でした。
動画配信サイト=《おうちえん》には、【うさぎ組】さんや、【りす組】さんが、カブッキーと出会った場面もアップしていますので、ご覧ください。

147-s-1.jpg147-s-2.jpg147-s-3.jpg

令和3年 新年あけましておめでとうございます

[2021/01/01更新]

令和3年元旦

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆さまのご理解ご協力のもと、保幼園での保育教育活動をさせていただくことができましたこと、心より感謝申し上げます。
行事の縮小は否めず、『例年』のご経験があるご家庭には、特に寂しい思いをおかけしたこと、多々あったことと思います。
苦渋の決断をすることが多い一年でしたが、【舟見会】さんのご意見も頂戴する行事もあり、皆さまのご協力のもとに運営することができたことは、本当にありがたいことと感謝しています。
今年は、昨年の経験をもとに、『新しい生活』の中での保育教育活動の充実・展開を、年度当初から考えていくことができる年、として前向きにスタートできる年となりました。
どのような環境にあっても、子どもたちの生きる力を伸ばす大切な時期に変わりありません。
育ちにとって大切なことを常に考え、お子さまが安心安全に過ごせる環境を整えてまいります。
環境は、物的環境も当然ながら、人的環境こそ大事と、職員一同心を合わせています。
「笑顔こそ大事、笑う門には福が来る」
子どもたちの気持ちを受け止めながら、生きる喜びを伝えられる、生きるって温かいんだ!熱いんだ!
そういう心根を軸として、新しい年を職員一同心を合わせて頑張ってまいります。
2021年、皆さまにとって幸多い年となりますよう、お祈り申し上げます

  園長 : 中尾峰子

146-s-1.jpg146-s-2.jpg146-s-3.jpg

「親子で作る簡単人気レシピ」

[2020/12/10更新]

令和2年12月10日(木)

「小松市こども家庭課」より、ご案内です。
【親子で作る簡単人気レシピ】の紹介がありました。
『テレビ小松』でも放映されるそうです。
『小松市HP』では、レシピデータも公開されているそうです。
ご活用ください。

毎日のご飯の工夫、皆さん上手になさっていらっしゃるようですね。 お母さんたち同士の情報交換は 私も勉強になります。
安心して食べられるベビーフードの活用なども出来て良いですね。

私のおすすめは、『炒め玉ねぎの冷凍保存』です。
時間のあるときに、フードカッターで大量に刻んだ玉ねぎを炒めて、冷ましてからいくつか小分けにして冷凍保存します。
少ない包みや、多い包みを作っておくと、「オムレツ」「チャーハン」「カレーライス」「ハンバーグ」などに便利に使えました。
皆さんの“おすすめレシピ”もあれば、教えてくださいね。


★ 【おうちえん】【ブログ】の両方で、保幼園での活動をお知らせしてまいります。
静止画も、動画も、一場面の切り取りです。 静止画や動画の前後も含めて、お子さまの過ごす世界を想像していただけると ありがたいと思います。

(下の【PDF=746KB】をクリックすると、『ご案内』のファイルが開きます…)

(746KB)

明日は 《焼き芋パーティー》です

[2020/10/15更新]

令和2年10月15日(木)

写真@: 午後、お部屋から出られる職員が代表して 何かを行なっていますね…
写真A: 赤紫色に輝く"おいもさんたち"。 職員は、先日 こどもたちが堀って収穫した "お芋"を洗っていたのです。
写真B: 明日(=16日・金曜)は 《お芋パーティー》…。 【消防署】に "火の取り扱い申請"を行ない、一カ所ごと、【たいよう組・ほし組・にじ組】さんが 明日の朝、〈濡れ新聞〉に包んだ "お芋"を、〈アルミホイル〉で更に包んで、〈焚き火〉の回りに入れて 蒸し焼きします。 【うさぎ組・りす組・ひよこ組】さんは、その様子を見学しに行きます。

『農園』で育てて収穫した "お芋"を、〈焼き芋〉にして いただけるなんて、なかなか出来る体験ではありませんが、【保幼園】では それが年中行事として代々受け継がれてきています。 地域の【製材所】さんからは 〈端材〉をいただきました。 『伝統の火』ですね。

144-s-1.jpg144-s-2.jpg144-s-3.jpg

- Topics Board -