基本理念・保育方針

めざす舟見っ子

素直で思いやりのある子
健康でたくましい子
感性豊かな子
豊かな心・生きる力

基本理念

・地域、保護者、職員が一体となって子どもの健全な成長を支えます。

・保育園と幼稚園を一元化させ、養護と教育を推進します。

・職員は常に向上心を持って勤務に従事します。

保育の理念

子供は集団生活を通じ、様々な経験をし、認め合い、助け合い、学び合う中で成長することが望ましいと考えます。日々の保育の中では、白山の原風景を心に刻みながら、ふるさとの文化と自然に親しみ、郷土愛の基盤を育みます。
また、明るく希望にあふれる日々の園生活の中で、子どもたちの個性・人格を尊重しながら、心身の健康と安全に留意し、健全育成に取り組みます。

方針

遊びを通じ、基本的生活習慣を身につけます。
体育、知育、徳育、食育の4つを柱に、身体的・情緒的・社会的発達をバランスよく育成し、援助します。
躾を重視すると共に、ものづくりの楽しさ、素晴らしさを育み、知育の将来を担う人材の礎とします。

習得目標

・感謝する心
・病気に負けない健康な体
・親や先生のいうことを聞く素直な心
・友達や身の回りの子を大切にする思いやりとやさしさ
・耐える力と最後まで根気強くやり抜く力
・物事に物おじせず、何事にも積極的に取り組む意欲と向上心
・いろいろなものとの関わり、体験からの豊かな感性

沿革

平成12年4月
小松市が『国府校下連合町内会』へ「保育所適正配置調査検討」を要請
平成12年8月
『国府校下保育所適正配置調査検討委員会』発足
平成13年10月
『新国府保育所建設準備委員会』発足
※ 地域の4保育所(国府、小野、徳橋、鵜川)統合を決定
平成15年1月
国府地区12町内会が基本財産の出資に同意
平成17年6月
『社会福祉法人 国府福祉会』 設立認可
平成17年7月
起工式、建設工事 着工
平成18年2月
園舎 完成
平成18年4月
【舟見ヶ丘保幼園】 開園
平成27年4月
「認定こども園/幼保連携型」 認可
平成27年5月
法人設立10周年記念式典開催